松崎 融  木工 ・ 漆展【11月22日(水)~11月29日(水)】

ご挨拶
『木をくりぬき、形を作り、漆を重ねる、同じことを毎年毎年繰り返す私の仕事。30年が流れ、まだ仕事がおもしろく感じられる幸せを味わっています。
まだ何かがある、まだ何かが出来ると。どうぞご高覧下さい。
松崎 融a0088892_2361888.jpga0088892_2365694.jpg
a0088892_23121539.jpg

松崎さんの作品を見ていると先生は心底器がお好きなのだと思う。どの作品も生き生きとしている。
作られるものが日常生活の用具が主だから、手許において毎日使いながら喜びを共にすることが出来るのもうれしい。
[PR]
by gallery-sato | 2006-11-22 23:30 | Comments(0)