10/28 氏神様の秋祭り

a0088892_1521963.jpgこの間、氏神様(玉井宮)の秋祭りだった。
お祭りには各町内からそれぞれが「だんじり」を出してお祝いをするのだが、
近頃はめっきりその数も減っていてさびしい限りです。
「こ~ちゃえ、こ~ちゃえ・・・」とにぎやかな歌声とお囃子が聞こえたものです。
写真は、8時頃ギャラリーに立ち寄って下さった「だんじり」で、
例年通りご祝儀をお渡しいたしました。
今回は新しい顔ぶれも見かけられ、
伝統が受け継がれていく様がうかがえ頼もしく思えました。

たまたま友達が来ていたので大人2人で玉井宮へ出かけました。

a0088892_15221979.jpg
屋台のお店は様変わりしていて、
昔懐かしいおもちゃ屋さんとか、輪投げ屋さんとかはなく、
フランクフルとかお肉の串焼きとか食べ物屋さんがほとんどでした。





a0088892_15231256.jpgそんな屋台の列の中を過ぎると、
本殿へ登って行く長~い石段が50メートルほどあり、
両側に紅白のお提灯が連ねぶら下がっていて、
とても風情があり友人は喜んでいました。

腰痛の持病ある私は、中央の鉄棒に縋って上るのに懸命で、
そんな情緒を感じるどころではありませんでした。



a0088892_15243293.jpg居石段を登りきると本殿があります。
写真では見えませんが、
正面の右側には大太鼓が7~8個ならんでいました。
きっと太鼓をたたいて龍神が舞う奉納舞があったのでしょう。

神妙に手を合わせ祈願しておいでの善男善女たちに、
日本人の「情緒と形」を発見しました。

一緒に行った友人も「お祭り」と称されて続いている、
昔ながらの氏神様と氏子の「まじわりの集い」に情緒と風情を感じ、感動したようです。

今年も残り数ヶ月。
感動満杯でありますように(祈り)
[PR]
by gallery-sato | 2010-10-28 15:36 | 一日一文

a0088892_146375.jpg

山茶花の散りてなお
      地に白きを顕つ  
              庸子


 池内さんとは同年代の私のとつて、彼女が逝っておしまいになったことは言い知れぬ寂しさを感じます。
華やかさはなくても、しっかりと人の気持ちに触れる演技をなさり、好きな女優さんの一人でした。
これからもっともっと円熟味を出して活躍をしていただきたいと思う女優さんだけに、とても悲しく残念に思います。

芯の強い「白い花」
池内さん出演のドラマを多く手がけたプロデューサー、石井ふく子さんは、池内さんのことをこんな風に話しておられました。
「また日本の素敵な女優さんが一人いなってしまいました。なにかに染まるようで決して染まらない、『白い花』のような方。芯の強さはだれにも負けない人だった。」

石井さんが的確に、池内さんを評価なさっていることに感動しました。
                                 
ご冥福をお祈りいたします。  合掌
[PR]
by gallery-sato | 2010-10-02 14:13 | 一日一文

ギャラリーさとう:幸枝の公開日記です。感動いっぱいで綴れれば幸いです。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31