人気ブログランキング |

ブログトップ

一日一文 

先人の励まし 2020.11.9

先人の励まし 2020.11.9_a0088892_17052987.jpg うとうわたくしも八十五歳になりました。このようにだんだん失っていくものがあると自覚するのは年を取らなければ分からないことです。とても寂しいことですが、あれだけ出来ていたのに、もう出来なくなったと気づきます。自分というものの限界を知るのです。

  

はいっても、今まで自分が持っていたプライドが一つひとつはぎとられて行って、若い人たちの活躍を喜ぶことができる自分になることや、他人に頭を下げて生きていかねばならない現実を素直に謙虚に受け止めていくことは口で言うほど、とてもとても生やさしくはありません。そんな折、わたくしをなだめ、落ち着かせて、励ましてくれるのは読書です。


岸節子さんの画集を見ていると、彼女のたゆまぬ精進ぶりがうかがわれ、三岸さんが九十三歳の時に描かれたという「さくら」の絵には、長い歳月を生き抜かれた人だけが持つことのできるおおらかな明るさがあり、たちまち安堵感が満ちてきて、気持ちもシャンとしてくるのでした。


た堀尾真紀子著「女性画家⒑のさけび」のページを開くと、自立した女性の草分けでもあり、背筋の通った明治女性の小倉遊亀さんの「画人像」の挿し絵から、松園の美人画とは違って個性やその人の生活ぶりまでも伝わってくる躍動感が伝わり元気が湧いてきます。


の著書の「あとがき」に「生きる歓びも悲しみも苦労を克服することから生まれ、人生の陰影を濃くし、かけがえのないものにするのです。」と、今の私にうってつけの一文がありました。まさに私の萎えた気持ちをいやすのに十分でた。まるで本の活字から、行間から「佐藤さん、がんばって!」とエールが聞こえてくるようです。


 もそも、読書は知識と教養のためであり、エールはスポーツ競技の時に送る励ましの大きな声援のことだと思っていたものですから、こんな身近なところに、音もなく無言で頼もしいエールがあるとは、今まで気づきませんでした。

の気づきは八十五歳になったわたくしのほのかな心の恵みのようです。ぼちぼちと読書を楽しみながら、前向きの心で、つまずかないよう、つえを突きつつ、ゆるり、ゆるりと歩むとしましょう。


by gallery-sato | 2020-12-09 18:16