人気ブログランキング |

ブログトップ

一日一文 

他人の未来  2021・3・11

ごろ、思うように足が動かず、外出の楽しみが少なくなったせいでしょうか、以前にもまして年賀状が待ち遠しくなった。ところが、このところ年々年賀状の枚数が減り続け寂しいが仕方ない。みんな齢を重ね次々と三途の川とやらを渡って帰つて来ないのだから。それに近頃ははがきでなくメールでの賀状も増えた。

ういえば例年はがきで賀状を送ってきていた幼なじみの友人からの今年の賀状はメールだった。

メールには「今年もよろしくお願いします」との挨拶文に続いてお元気でお仕事続けて居られるようで何よりと思います。あなたらしく生きて行かれることを祈ります。私は、そこそこの元気とささやか幸せを感じながら穏やかに過ごしています。どうぞご健勝にて頑張ってください。」

と簡単な文章が書かれていただけだった。

、歳を重ね、ようよう終着点が見え始めた年寄りにとって、高校時代の友人からというだけで、もう懐かしさにあふれ嬉しくなるものだ。そこでちょっと会話をしてみたくなった。

の友人というのは十年ほどの間、夫の介護に尽くされ、そのご亭主が昨年逝去されていたので、さぞお寂しい思いをなさっているだろうと案じていた矢先だったので、意外な文面に少々興味を感じて

貴女の言う「幸せ」ってなんでしょう、尋ねてみた。

すると彼女から「二十四時間自由な独身生活」ですと答えが返ってきた。

わず、「八十五歳にして得た独身貴族の生活」なんと素晴らしいこと、きっと素敵な新芽が出るかも・・・」とうれしくなった。

れから先、彼女がおそまきの独身貴族の生活を堪能した後、出てくる八十五歳の新芽ってどんな芽かしら、と想像するだけで老いた心の弾みにもなる。

女の、いわば他人の未来をじっくり眺めるのも乙なものと思う。年を重ねたからこそ、味わえる楽しみではないでしょうか。

     

他人の未来  2021・3・11_a0088892_17570340.jpg


by gallery-sato | 2021-03-11 19:15