人気ブログランキング | 話題のタグを見る

一日一文 

ブログトップ

天使になったおばあさん  2022.5.22

天使になったおばあさん  

月は「変身」というお題をいただきましたが、私のようなおばあさんが何に変身したものか、たいそう困りました。

かし、子供のころはしばしば大きな翼の鳥に変身して、気持ちよく大空を舞ってみたいとか、ちょうちょうに変身して、ひらひらと美しいお花畑を時には甘いおいしいお花の蜜を吸いながら飛びまわってみたいと空想したものでした。

んな無邪気な幸せな幼少の時代は瞬く間に過ぎやがて一人の女性として結婚し、主婦ではなく嫁という立場で生き、母となり、子育ても終え、介護の末義母も見送り、五十八歳で寡婦となる。そして生活のため、ギャラリーのオーナーという職業を見つけ、おかげさまで店を今日まで二十六年つづけてきました。

れなりに生きて、いろいろ経験をさせていただきました。幾つかの苦しいときや悲しいときもありました。たまにはたのしいことやよろこばしいこともあり、泣いたり笑ったりの歩いてきた後を振り返ってみると,なんと八十六年。長く生きてきたものだとつくづく思っています。

を取り、体が思うように動かなくなった今は、ギャラリーを二十六年楽しく続けてきた自分に満足し、支えてくださる方々に甘え、もう今までのやり方を固持するのではなく、他人様のいいところは、頭から無視するのではなく、なぜそれがいいかを見極めたうえで、自らの中に取り入れられるようになりました。

を取りますと、どんな人の言葉にも耳を傾け、大抵のことは受け入れられる寛容な心が芽生えるものだと自分でも感心しているこの頃です。

て、そのせいでしようか幼いころに変身を夢見ていたように、今の私は背中に小さな羽根を付けた天使に変身して宇宙を遊泳してみたいと思い始めています。そして時には人々にキューピットのような「愛」でなく「豊かな感性」という矢を飛ばしてみたいのです。人々の感性がより豊かになって、生きづらい世の中が少しでもゆるやかになればいいのにと、想像を膨らませています。

い年月を生きてきたわたくしですがまだまだ工夫次第で新しいことに挑戦できそうです。

もう少しの間お仲間と仲良くさせていただいてこの世で楽しく愉快に暮らしたいと願っています


by gallery-sato | 2022-05-25 11:12