人気ブログランキング |

ブログトップ

一日一文 

別れもまた良し 2020/10/13

10月のエッセイ教室の課題は「別れ」でした。私の別れは・・・・・。


人々は終わりだの、別れだの、そういうことがなければいいのにと、よく言います。


ころが私が、日ごろお手本にしている随筆家 幸田文さんのエツセイに「別れの哀惜、終りの悲嘆に出会ったとき、人は磨かれると思う。私たちの胸には、日常ああ思いこう思う、いわば情念のごみみたいなものが山と積もっているが、別れや終りはそれを吹き払ってくれる、冷えた風のように私は思う。痛みを伴うけれど、別れとは、いいものである」と書かれた一節があります。


さなギャラリーを営む私が、日ごろ心がけていることは作家の作品を私のギャラリーの空間でライティングなど工夫しながら、どのようにして作品の良さを浮き彫りにしようか?など、あれこれ考えて展示をしています。

間をかけてゆっくりと作品が伝える質感や、作品の大きさから受ける印象など実物ならではの訴える力を見ていただきたいのです。アイホーンなどの画像では太刀打ちできないものが感じられることでしょう。


た来客の方々には気持ちよく十分楽しんでご覧いただけるよう心掛け、時にはお茶をいただきながら作家との会話がはずむなど、店内にはとてもいい雰囲気が漂います。店が街中より少し離れているおかげで、幸せなことに、コロナ禍以前から「三密」は十分避けられ静かに落ち着いた雰囲気を醸し出す相乗効果も得ていると思います。


んなふうに、作品たちと日々親しく過ごしているものですから、会期中にすっかり親しくなり、作家が会期を終え作品をすべて持ち帰ってしまうと、ギャラリーの中には空虚感が漂い、水が引いたような、孫たちがかえつてしまつた後のような別れの寂しさをしみじみ感じます。


かし次の日には別の作家の新しい作品が並び、わたくしの、目を慰めてくれます。こんなことを長年続けていますと、近頃は最初のうち、気付かなかった作品の微妙な工夫や技術の巧みさに気づくようになりました。時には「今回は気持ち良く頑張ってきました」と作品が語り掛けてくることさえあります。

うして長い間、一回の展示会が終わるごとに作品との別れを幾度となく繰り返して寂しさを味わってきたおかげで、わたくしのぎゃらりーのオーナーとしての感性が豊かに育まれたのではないでしょうか。


との別れも寂しかったですが、今ではこんなに素敵な友達に恵まれ幸せそのもの。別れもいいものです、と八十五年の人生を振り返って(おうな)はつぶやくのでした。

別れもまた良し   2020/10/13_a0088892_16510639.jpg














--------------------------------------------------------------------


# by gallery-sato | 2020-10-13 17:13

HPの動画投稿が山陽新聞に大きく掲載!  2020.9.22._a0088892_08511602.jpg

今年9月1日にぎゃらりーのHPをリニュアルしたところ、早速に山陽新聞が上記のように大きく取り上げてくださいました。
この頃の事、動画など若者の間では珍しくもありませんが85歳の媼が動画を駆使していることに注目なさったのでしょ
う。いずれにしても大勢の方々の注目をいただき、とてもうれしく思いました。。
    これを機に「ギャラリーは作品・作家・来客などの温かい交わりで感性のはぐくまれるところ」であることをしっかり宣
伝してゆきましょうと、媼は強く思うのでした。






ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


# by gallery-sato | 2020-09-22 10:48